年金だけでは老後を生きられない!生活費・医療費をどうする?

年金だけでは老後を生きられない!生活費・医療費をどうする?

Q7:株式やFXの投資は危険ですか?自分年金という考え方に興味があります。

Question

株式やFXの投資は危険ですか?自分年金という考え方に興味があります。

貯蓄型保険や日本の国債を購入しようと考えています。
しかし、それだけでは利息も少なく大きな資産形成には繋がらないような気がします。
そこで、気になる株式投資やFX
これらは危険でしょうか?

リスクの分散化を図ることで安全な資産運用になります。
1人1人の人生において公的年金以外に頼れる老後の資産形成です。

ファイナンシャルプランナー

どのような投資であっても、必ずリスクがあります

リスクの分散化を図ることで、安全な資産運用になります。

どの金融機関でも「自分年金」を意識した商品が登場しているほど、公的年金に頼らない年金作りが大きなテーマとなっています。
その際、特に多くの人から相談を受けるのが「投資はどうか」というものです。
投資といっても幅広いものではあるのですが、時に大きな利益を得る事が出来ますから、誰もが投資に興味があって当然でしょう。

更に最近では投資がとても身近なものになっているという点も大きいでしょう。

しかし、投資を行なう際には、リスクもあるという点も認識しておかなければならないでしょう。
これはどのような投資であっても大前提です。

為替取引でも信用取引でも株式取引でも、必ずリスクがあります。
投資のリスクは並ではありません。
時に人生が変わるようなリスクを負う事もありますので、投資は「必ず儲かるもの」ではなく、「儲かる事もあるもの」だと認識しておかなければならないでしょう。

肝心なのは、リスクを分散することです。

生命保険のプロであるファイナンシャルプランナーへ無料相談!

リスクを分散すること

投資も長期的なものと短期的なものがありますので、長期的な投資を自分年金にと考えている人もいるかもしれません。

投資は必ず利益が出ると保障されているものではありません。
株にしても、大金で購入し、老後の貯蓄財形にと考えていたものの、株価が急落、紙切れ同然となってしまう事もあるのです。
また、為替相場が大きく暴落して金利以上に損失が大きかったという事例もあります。

「では、積極的な投資はすべきではないのか?」という疑問が湧きます。

しかし、必ずしも投資はローリスクなものだけでしなければならないわけではありません。
リスクを分散すること
低利息でも安定した定期預金や国債を購入しつつ、株式投資や外貨預金にもある一定の割合で投資をしていく、この方法を取れば損失が出てもダメージも少なく、かなり高確率で資産は膨らんでいきます。

このような資産形成の相談も、ファイナンシャルプランナーの大切な役目と言えるかもしれません。
ご相談いただいた時には保険だけではなく、より多面的な意味での「資産についての考え方」を提案出来ればと思います。

↓↓↓ 資産形成の相談も、ファイナンシャルプランナーの役目です。 ↓↓↓

生命保険のプロであるファイナンシャルプランナーへ無料相談!

 

このページのトップへ