年金だけでは老後を生きられない!生活費・医療費をどうする?

年金だけでは老後を生きられない!生活費・医療費をどうする?

Q4:老後に必要な資金っていくら?

Question

老後に必要な資金っていくら?

将来、どのくらいお金が必要になるのでしょうか。
インターネットや書籍を見ると数千万円程度という意見もあれば1億円近く必要という極端な意見もあります。
一体どの程度で考えればいいのですか?

ファイナンシャルプランナーの答え
4000万円が標準的な数字です。

ファイナンシャルプランナー

老後はどれくらいのお金が必要なのか

4000万円が標準的な数字です。
その為の資産形成は大丈夫でしょうか?

保険に関して様々な相談を受けるのですが、とにかく多いのが「老後はどれくらいのお金が必要なのか」という点です。

保険や年金にこだわるのは、全てこの点に関わっているからと言えるのではないでしょうか。
保険や年金は老後の「収入」になりますので、必要な資金の足しにする事が出来ます。

自営業の方であれば別ですが、多くの人は65歳で定年になりますので、そこからの収入は年金か保険かになります。

ですからそこまでにとにかく貯蓄しておかなければならないと思う人が多いのですが、では65歳からを「老後」と考えるとして、老後はどれくらいのお金が必要なのか。

もちろん寿命にもよるという点は一番にあります。
失礼な表現ではありますが、66歳で亡くなるのと85歳で亡くなるのとでは必要な資金は全く異なってきますので、寿命ありきという点は一番に挙げられるのですが、凡そ4000万円必要とも言われています。
この額を聞いて「そんなに!?」と思われる方もいるかもしれませんが、老後というのは何年かかるか解りませんから、一概に言い辛い部分もあります。

仮に20年で4000万円だとすると1年間で200万円の計算になりますので、そこまで「大金」というほどではないでしょう。
「4000万円」と聞くと一瞬たじろいでしまうでしょうが、「老後」は長いのですから、この金額も決してやたら高いというほどではないのです。

↓↓↓ 老後にも大きなお金がかかります。ファイナンシャルプランナーに、プランを相談しておきしょう ↓↓↓
知らないで悩んでいることほど、時間のもったいないことはありません。

生命保険のプロであるファイナンシャルプランナーへ無料相談!

65歳「から」必要になるであろうお金

年金や保険などでお金も入ってくるでしょうから、決して天文学的な数字ではない事に気付かされるのではないでしょうか。

ですので、老後に対して大きな不安を抱いている方も多いかと思うのですが、老後の資金も一括で用意しなければならないものではありません
「分割」という概念で考えると、そこまで大きなハードルではないでしょう。

最近では老後に関しての悲観論が蔓延していますが、年金、さらには保険をしっかりと意識するだけで老後の安心感が増すでしょう。

老後のために貯蓄に励んでいる人は多いでしょうが、老後に必要なお金は65歳の年金受給が始まる際に用意しておかなければならないお金ではなく、もっと長いスパンの話です。

「65歳に用意しておかなければならないお金」であれば大変ですが、65歳「から」必要になるであろうお金です。
65歳になってから必ず無収入になる訳でもありません。

65歳時に4000万円用意しろと言われたら多くの人が焦るでしょうが、実際には一括で用意しなければならないお金ではなく、「大体このくらいかかるのではないか」といったものです。

さらに最近ではシニア層の雇用もありますから、敏感になるほどではないとも言えるでしょう。

自分はいくつまで生きるのか、将来を想定しながらコンサルを受けてみましょう。

生命保険のプロであるファイナンシャルプランナーへ無料相談!

 

このページのトップへ