年金だけでは老後を生きられない!生活費・医療費をどうする?

年金だけでは老後を生きられない!生活費・医療費をどうする?

Q3:退職後の事を考えると保険を見直した方がいいですか?

Question

退職後の事を考えると保険を見直した方がいいですか?

現在50代後半。
もうすぐ定年退職がやってくる世代です。
そこで気になるのが現在払っている保険。
知人に勧められて加入したのですが、比較的支払い額も高いです。
定年退職してからも同じ金額を払うと思うと生活に大きな影響があるので、是非見直しをしたいです。

ファイナンシャルプランナーの答え
一生同じ保険プランである必要はありません。
ファイナンシャルプランナーがあなたのライフステージに応じて再設計します。

ファイナンシャルプランナー

一つの節目となる退職

一生同じ保険プランである必要はありません。
ファイナンシャルプランナーがあなたのライフステージに応じて再設計します。

多くの人にとって一つの節目となる退職。

働かれているご本人様だけではなく、配偶者の方にとっても一つの節目となるのですが、退職後の事を考えて保険を選んでいるという方は一体どのくらい居るのでしょう?

50代ともなると退職はもう目の前にまで迫っています。

その際に保険の見直しをすべきかどうかで悩んでいる人も、多いのではないでしょうか。

それまでにどのような保険を組み立てていたかによって状況は大きく異なります。

退職後の事を考慮していない保険を組み立てているのであれば、やはり見直しをすべきでしょう。

退職後の事を考慮して保険の組みなおす場合もよくあるのです。

生命保険のプロであるファイナンシャルプランナーへ無料相談!

退職まであと何年なのか、どれくらいもらえるのか

大事になってくるのが現在の年齢です。

退職まであと何年なのか。
そこから逆算して保険を考えなければならないでしょう。

保険の特徴として、加入期間が長ければそれだけ利回りもよくなりますが、加入期間が短いと利回りはそこまで魅力的なものではなくなってしまいます。
ですから退職時までどれだけの期間加入できるのか。

また、保険を見直し、保険を変更するとして、どれくらいもらえるのか。

現在の保険を延長する方がもしかしたら利回りが良いというケースもありますので、この点を考慮すると保険の見直しは慎重に行なわなければならないでしょう。

保険に加入している理由は「いざ」や「もしも」です。
しかし、貯蓄目的で加入している人も多いのではないでしょうか。

むしろ今では完全な掛け捨て保険の方が珍しいくらいですから、どれくらい戻ってくるのかを計算して見直すべきです。

誰のための保険なのか

誰のための保険なのかと言えば、自分や家族のためであるはずです。

「いざ」「もしも」の時に備えているにも関わらず、その時のサポートがそこまで手厚いものではない。
あるいは自分自身の環境の変化や健康意識の変化によって、加入時には魅力的に思えた保険が、見直してみたら実はあまり魅力的ではないという事もあるでしょう。

受け取り時の効果

また、保険を見直す時には、一方で今の保険を解約する事でどのような状況になるのかも考慮しなければなりません。

例えば解約払戻金がまったくない。
この場合それまで支払い続けた保険金は文字通り「無駄」なものになってしまいます。

つまり、今支払っている保険料だけが全てではありません。

何か起きた時の保険の条件なども考慮するのは当然です。

保険は「支払いに対する受け取り時の効果」で考えるのが大事になってくるのです。
自分自身の経済力や健康状態などによって「ベストな保険」は変わってきます。

したがって、今のあなたの保険プランをここで全て見て分析することは出来ません。

一度、私たちファイナンシャルプランナーに相談してみてください。
あなたの保険をより良いものにするお手伝いが出来ます。

保険のサポート範囲や受け取り時の効果など、素人では判断が難しいこともたくさんあります。
あれこれ悩むより、プロに相談してみましょう。

生命保険のプロであるファイナンシャルプランナーへ無料相談!

 

このページのトップへ