年金だけでは老後を生きられない!生活費・医療費をどうする?

年金だけでは老後を生きられない!生活費・医療費をどうする?

Q2:子どもの将来を考えて終身医療保険に加入しようかと考えています

Question

子どもの将来を考えて終身医療保険に加入しようかと考えています

30代のサラリーマンです。
昨年子どもが生まれましたが、子どもに迷惑を掛けないよう、将来を考えて終身医療保険に加入しようと感じました。
しかし、どのようなプランに入れば良いのか分かりません。

ファイナンシャルプランナーの答え
みんなの生命保険アドバイザーでは
若い方の終身医療保険についての相談も受け付けています

ファイナンシャルプランナー

若い方の終身医療保険の相談も

みんなの生命保険アドバイザーでは、若い方の終身医療保険についての相談も受け付けています。

子どもの将来は自分の事以上に気になるものです。
自分自身よりも子どもの将来が気になる、そのような方は珍しくありません。

だからこその終身保険とも言えます。
自分にもしもの事があったら子どもはどうなるのか...。
そんな不安を少しでもやわらげてくれるのが終身保険です。

ファイナンシャルプランナーに多く寄せられる相談として「子どもの将来のために終身医療保険に加入したいと思っているのですがどうでしょうか」というものです。

子どもに負担をかけたくない、あるいは自分にもしもの事があっても子どもは成長して欲しいと思うのは親として当然のこと。
だからこそ終身医療保険はしっかりと選ばなければなりません。
しかし、世の中には終身医療保険の種類は無数にあるため、
どれが良いのか解らない、決められないという人も多いのではないでしょうか。

↓↓↓ そんなときには、ファイナンシャルプランナーに相談しましょう!! ↓↓↓
悩んでいる時間を相談に当ててみたら、きっと解決策が浮かびます。

生命保険のプロであるファイナンシャルプランナーへ無料相談!

自分に一番合っている終身医療保険とは?

自分に一番合っている終身医療保険を選ぶ時、どのような点に気を付けるべきなのか。

「子どもに将来負担をかけない」という点も考慮すると入院時の待遇は大事です。

入院時、どれくらいのお金を支払ってくれるのか。
入院日数は最大で何日保障してくれるのか。
更には再入院までの期日。これも大切です。

ある保険会社の終身医療保険の一例を見てみると、入院費用は最大180日、再入院の場合は退院から180日の間がなければ条件を満たせないとなっているのですが、最大180日という事はおよそ半年ですね。

若い時であれば半年も入院する機会はそうそうないでしょうが、歳と共に体の状況というのは異なってきますので、半年では心許ないでしょう。

更に再入院の給付条件が退院から180日というのも少々現実離れですよね。
退院から半年してから入院という方が稀だと思いませんか?
再入院する場合、退院から間もなく入院するケースの方が多いのではないでしょうか?

終身医療保険は中々身近なものではないですから、どのような基準で選べば良いのか解らないでしょう。

したがって、

  • 入院費用はどれくらいの期間まで保証してくれるのか。
  • 再入院までの期間は何日から支給してくれるのか。

この2点はしっかりとチェックしてみましょう。

途中解約でどれくらいのお金が返ってくるのか?

また、途中解約でどれくらいのお金が返ってくるのか
これも意外と見落としがちですがチェックすべきポイントです。

途中解約で返金されるお金が0円の場合、それまで積み重ねた保険がまったくのムダになってしまいます。全額戻ってくるような都合の良い保険はありませんが、チェックはしておく必要はあります。

途中で戻ってくるお金があれば、ライフプランが変わってしまって保険を解約せざるを得ない時でも安心。
戻ってきたお金を子どものために役立てる事も出来ます。

ファイナンシャルプランナーは、このような様々な点をプロの目でチェックし、あなたに最適な保険のプラン設計をお手伝いします。
まずはお気軽にご相談ください。

↓↓↓ ファイナンシャルプランナーは、あなたの人生設計を最適化してくれます。 ↓↓↓

生命保険のプロであるファイナンシャルプランナーへ無料相談!

 

このページのトップへ