年金だけでは老後を生きられない!生活費・医療費をどうする?

年金だけでは老後を生きられない!生活費・医療費をどうする?

Q1:自分の老後のための貯金代わりに保険に加入したい

Question

自分の老後のための貯金代わりに保険に加入したい

40代サラリーマンです。
新聞やニュースを見ると私たちの世代は年金制度が期待できないですよね。
以前、保険の営業マンから「老後の為に貯蓄型保険をオススメですよ」と言う話を聞きました。
当時は若かったしリーマン・ショック以前でしたから「不況もどこかで回復するだろう」と思い、追い返してしまいました。
今にして思うと少しもったいなかったのですが、自分の老後について考えると不安が多いです。
貯蓄できる保険のメリット・デメリットを知りたいです。

ファイナンシャルプランナーの答え
人生設計を支える「お金」のプロ、
ファイナンシャルプランナー(FP)に相談しましょう

ファイナンシャルプランナー

人生設計を支える「お金」のプロ

人生設計を支える「お金」のプロ、ファイナンシャルプランナー(FP)に相談しましょう。

老後の事を考えると不安だという人も多いのではないでしょうか。
そのような人からの相談で多いのが保険を貯蓄代わりに出来ないのかといったものです。

保険は「いざ」や「もしも」の時のためのものではあるのですが、最近の保険は様々なサービスが展開されていますので、貯蓄代わりになるような保険も多数登場しているのです。

老後のために貯蓄タイプの保険を選んでみるのも良いかもしれません。
特に今、年金に対しての不満がくすぶっています。
年金が支払われないのではないか・年金の額がかなり下がるのではないかといった危惧は誰もが持っているでしょうが、保険の場合そのような事はありません。

↓↓↓ 公的年金よりも保険の方が信頼性のある時代になったのかもしれません。 ↓↓↓
とにかく相談して、それから決めましょう。

保険マンモスの無料保険相談

保険の方が信頼性のある時代

年金は公的なものですが、保険はサービスですから契約内容が勝手に変わってしまうような事はありませんので、その点では保険の方が信頼性のある時代になったのかもしれません。

ところで、貯蓄型保険で気をつかねければならない点は、どのような点だと思いますか?

利回りも良いですし、掛け捨てではなく、自分自身に戻ってくるという点だけを考えれば貯蓄型の保険はとても魅力的なものではありますが、そこにどのようなデメリットがあるのか。
一番のデメリットは、保険料が支払えなくなってしまった時でしょう。

貯蓄保険は満額に達成してこそ当初の利回りでの配当になります。
これは裏を返すと、満額に達成しないと利回りが異なるという事です。

何らかの事情で収入が落ちてしまい、経済事情が変わってきた。
そのような時には保険料の支払いが滞ってしまうかもしれません。
そのような時には当然利回りは変わってきます。

当初の予定額をもらう事が出来なくなってしまいますから、「お得」とは言えない状況となってしまうかもしれません。

保険は、契約成立時の利回りが有効

しかし、保険の良い点は「契約成立時の利回りが有効になる」という点です。

極端な話、契約成立した翌日に世界的な金融危機が起きたとしても、自分自身の契約には何ら影響がありません。
約束通り支払い続ける事が出来れば契約通りの利回りを得る事が出来ます。

住宅ローンのように都合よく変動するものではありませんから、支払い続けさえすれば契約通りの利回りを得る事が出来ますので、貯蓄としても素晴らしいものになってくれるはずです。

問題は支払い続ける事が出来るかどうかという点に尽きますが、支払い続ける事が出来なくなると貯蓄としての魅力が半減してしまいますので、その点はよく考えるべきです。

結局、どんな保険に加入したらいいの?

現実にはどのような保険に加入し、どのような支払い方法や受け取り方法をしたらよいのか分からない人が大半。
そこでファイナンシャルプランナーがあなたの生活状況や資産状況に応じて「保険の最適化」を行います。

あなたの老後は誰も支えてくれない時代です。

公的年金だけに頼らず、様々な方法で資産マネジメントをしましょう。

↓↓↓ どのような保険に加入したらよいかわからない。 ↓↓↓
だから、プロであるフィナンシャルプランナーに相談するのです。

保険マンモスの無料保険相談

 

このページのトップへ